第15回センテニアル・オペラ公演「アイーダ」大盛況

第15回記念センテニアル・オペラ公演が、2月19日(日)春日部高校音楽ホールで行われた。420名収容のホールがほぼ満席となる大盛況の中、観衆を魅了する素晴らしい演技を鑑賞することができた。カーテンコールでは、惜しみない拍手がしばらく鳴り止まなかった。 なお、川崎市の女性から次のような感想をいただいた。「簡素な舞台だからこそソリストの力量が大事。ハイライトでどれだけ重厚なオペラを表現できるかと思ったが・・素晴らしい。これまでの積み重ね15回に大いに感銘。コンサート全体が温かい雰囲気でよかった。この高校が素晴らしいホールを維持していることにびっくり。地域の方々の意識の高さに敬意を表します。」

「アイーダ」ジュゼッペ・ヴェルディ作曲
◎配役等は以下のとおり。来年の公演は「ファウスト」。音響効果の素晴らしいホールで、高級のオペラハイライトをぜひお楽しみください。

続きを読む