三上於菟吉顕彰碑除幕式が行われました

三上於菟吉(中7回卒)生誕130年を迎えるにあたり、改めて三上於菟吉の功績を確認し、後世に伝える顕彰碑を母校春日部高校に設置しました。

その除幕式が、令和3年2月28日(日)に行われました。当日は三上於菟吉顕彰会の新井義昭会長、日向英実同窓会長はじめ、来賓として直木賞作家で春日部高校OBの北村薫さん、文芸評論家の尾形明子先生、昭和女子大学名誉教授の槍田良枝先生が参列されました。

設置場所は、旧正門の前庭「奇跡の銀杏」の左側にあり、側には木寺柳次郎初代校長の記念碑もあります。ご来校の際は、是非お立ち寄りいただきたいと存じます。

 

「顕彰碑」八幡山にて
学校が退けて直ぐ八幡山に登った。樹々の葉はまう散り儘して靴の踵が埋まる。淺い社の落ちかけた日が差し込んで枯枝が落葉の上に交叉して居る。前を眺めると町外れの方へは友達が三々伍々歸って行く。
(『文章世界』明治四十二年一月十五日に掲載)

三上於菟吉は、春日部市(旧庄和町木崎)に生まれ、旧制粕壁中学校(春日部高校)を卒業し、昭和初期には菊池寛と並ぶ活躍をした大衆小説家です。多くの名優が演じた『雪之丞変化』、春日部を舞台にした『百萬両秘文』など、百余の名作を残しました。また、菊池寛らとともに「直木賞」を創設し、自ら選考委員を務めました。
三上於菟吉は、自らの文筆活動の他、数多くの若手、また女流小説家を支援してきました。
三上於菟吉の生誕百三十年を記念し、その功績を顕彰いたします。

令和三年二月
三上於菟吉顕彰会
春日部高校同窓会

春高バドミントン部OB会サイト誕生!

[ 寄稿者:飛永 悟 氏(高26回) ]

バドミントン部OB会にて作成して参りましたホームページがどうにか公開できる状況になりましたのでご案内させて頂きます。

掲載内容は近年実施された各種行事報告をはじめとして、各年代の試合結果や部員の姿等をまとめさせて頂きました。

バドミントン部OBから提供頂いた資料や、春日部高等学校同窓会からも多くの資料を使わせて頂き、試合結果、世代別アーカイブに関しましてはバトミントン部黎明期の高11(1958年度卒)から高72(2019年度卒)まで情報を掲載することが出来ました。この場をお借りして御礼申し上げます。現在高73(2020年度卒)も準備中です。 続きを読む

オンライン開催! 東京春高会 令和3年第1回「気軽なゼミナール」のご案内

[ 寄稿者:東京春高会広報担当 赤川 和大 氏(高48回)]

今回の気軽なゼミナールは、グローバル危機管理研究の第一人者である(株)コミュニケーション戦略研究所 代表取締役 佐久間健さん(高14回)に「日本企業のSDGs対応の遅れはビジネス危機だ」をテーマに次の要領でご講演いただきます。

《講演会要旨》

SDGs(SustainableDevelopmentGoals)は、持続可能な開発目標と言われる。「SDGs」と小文字のsが付いているのは、目標(Goal)が17個あることを意味する。 SDGsは2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示された国際目標だ。 続きを読む

春高ヨーロッパ倶楽部 マデイラの集い Jan. 2020

[ 寄稿者:春高ヨーロッパ倶楽部 加藤 晃 氏(高34回) ]

大西洋の真珠・マデイラ

大西洋の真珠・マデイラ

2020年がコロナの年となってしまいましたが、モスクワ在住の川村さん(44回)が、コロナ騒ぎの直前、2020年1月1日から、一週間の日程で家族とともにマデイラ島に来てくれました。ヨーロッパでは人気のマデイラ島ですが、ご存知ない方もいらっしゃるかも知れませんので、マデイラ島の紹介を兼ねて報告させていただきます。 続きを読む

令和2年東京春高会中止のご連絡

[ 寄稿者:東京春高会広報担当 赤川 和大 氏(高48回) ]

毎年開催しております「第27回東京春高会」を、令和2年11⽉7⽇(⼟)に銀座にて実施すべく鋭意準備を行ってきましたが、昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)感染収束の目途が未だ立たない状況を鑑み、大変残念ですが同窓会を中止とすることといたしました。何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、現在、来年の開催を令和3年11月第二週の土曜日に予定をしておりますので、その際には是非ともご参加賜りますようよろしくお願いいたします。

また、今後東京春高会主催にて、遠隔システム等を活用した企画を予定しております。順次ご案内いたしますので皆様のご参加をお待ちしております。
続きを読む