同窓会長コラム第30弾「同窓会室の年表『春日部高校の歴史』が新しくなりました」

同窓会室に行ったことありますか?
春高に来ても特に用事がなければあまり立ち寄ることもないかもしれませんが。校舎2階で、ちょうど食堂の上あたり。同窓会事務局があり、行けば竹村事務局長と関根事務局次長が迎えてくれます。
室内は春高の120年を超える歴史資料の宝庫で、何点の資料が所蔵されているか分かる人は多分いないんじゃないでしょうかね。

部屋に入って一番左奥の壁に春高の開校以来の主な出来事を記載した年表が掛かっています。

1898年(明治31年) 埼玉県第四尋常中学校として設立許可 に始まって、
1899年(明治32年) 埼玉県第四中学校として開校。生徒定員5百名
1901年(明治34年) 埼玉県粕壁中学校と改称
1907年(明治40年) 校歌制定(現在の校歌は大正12年ごろ普及)
1923年(大正12年) 大地震により校舎大破
1928年(昭和 3年) 校旗を制定し推戴式を行う
1949年(昭和24年) 埼玉県立春日部高等学校と改称
1953年(昭和28年) 出火により木造校舎の大半を消失
1975年(昭和50年) 野球部、秋の県大会優勝
1999年(平成11年) 地上4階建て地下1階の現校舎竣工
創立百周年の多彩な記念事業と式典を挙行  などなど。

春校の主な歴史が一覧で分かる年表です。ただ、この年表、実はしばらく創立100周年で止まっていたのです。したがって年表の左側に空白の部分がありました。そこが気になった事務局がこの際せめて創立120年まで埋めておこうということで、昨年度中にアップデイトしてくれました。(出来上がりは写真のとおり)

ただ、120年で年表のほぼすべてのスペースを使ってしまったので、この後、130年、140年と春高の歴史が続くにしたがって年表の幅が足りなくなることは明白です。さらに今でも壁面のほとんどのスペースを使って掛かっているので、出来事を追記して年表を新調したら、横幅が長くなる年表をどうやって壁面に収めるのか、また新たな悩みが……

同窓会室のドアは常にオープンです。時々、この年表を眺めて春高の歴史・伝統・文化に思いを馳せるのもいいかもしれません。時間があったら、どうぞお立ち寄りください。(お茶やお菓子はでないかもしれませんが 笑)

最後に、考えたくもありませんが、くれぐれも、この年表に「共学化」なんて悪夢のような文字が絶対に刻まれることのないように。質実剛健、文武両道の公立男子校としての誇りを胸に新たな歴史を進めていきましょう。


埼玉県立春日部高等学校同窓会会長 種村 隆久

*関連ページ: 種村隆久会長の挨拶(2022年7月公開)


同窓会長コラム第29弾「令和6年度本部役員会」

5月25日(土)に令和6年度同窓会本部役員会を開催しました。各支部から約50人の役員さんにご出席いただきました。6月23日(日)に開催する同窓会総会に提案する議案をご審議いただきました。

役員会の後は、いつもどおりヤマヤで懇親会。こちらにも約30人の役員さんにご参加いただき、あちこちでなごやかに、にぎやかに意見交換が行われました。役員の皆さんには約半日間お疲れ様でした。

実は、4月29日に草加春高会の新緑の集いが、5月18日には八潮春高会の総会懇親会が開かれました。他に蓮田春高会でもウォーキングイベントが行われるなど、すでにいくつかの支部で活動が始まっていますが、いよいよ本格的なスタートとなります。

続きを読む

同窓会長コラム第28弾「別学校4校の同窓会長が共同記者会見」

4月18日(木)午後1時から、県庁内の県政記者クラブで、浦和高校、浦和第一女子高校、川越女子高校、春日部高校の4校の同窓会長が、今回の共学化勧告に対して別学維持を求める共同記者会見を行いました。

少し前に共学化を求める市民団体が記者会見を開いたことから、記者クラブ側から別学維持を求める高校の同窓会長に会見の要請があったようです。

各校とも知事や教育長への意見書や、同窓生・保護者・生徒等へのアンケート調査結果などをもとにそれぞれの意見表明を行い、その後、約1時間、記者との質疑応答が行われました。

続きを読む

同窓会長コラム第27弾
「新入生諸君! 春高の3年間、思う存分楽しんでください!」

昇降口裏の桜の木(ほぼ満開でした)

4月8日、天気も崩れず比較的暖かな一日、春高の入学式が行われました。PTA会長、後援会長と一緒に出席させていただきました。ほぼ満開の桜に見守られ360名の新入生が晴れて春高生になりました。今年の新入生は、競争率1.5倍の入学試験を突破してきた子たちです。よく頑張ったね、と言ってあげたいくらいです。

ついこの間まで中学生だった面影が残る初々しさ、同級生は初めて会う人たちばかり、ちょっと怖そうな応援指導部の先輩たち。中学校とは勝手も違うし、まあ、あの雰囲気の中で緊張するな、という方が難しいとは思いますが、みんな最後まで立派に背筋を伸ばしていてくれました。

この4月に新たに着任した角坂(かくさか)校長先生(3月まで県教育局で共学化問題の担当課長だった!)のご挨拶の中で、春高の3年間でぜひ取り組んでもらいたい3つを挙げておられました。
1 新しい自分に向き合ってほしい
2 限界まで挑戦し続けてほしい
3 生涯の友を見つけてほしい

続きを読む

同窓会長コラム第26弾「今年も素晴らしい卒業式でした!」

3月14日、少し肌寒い晴天の下、春高第76回卒業式が行われました。
351人の3年生が、それぞれ次のステージに向けて笑顔で羽ばたいて行きました。
昨年に引き続きご案内をいただいたので、喜んで参加させていただきましたが、今年も素晴らしい卒業式でした。うれしく、そして頼もしいです。

午前10時。会場の体育館内はたくさんの保護者の皆さんがすでに着席されていて、そこに吹奏楽部の演奏に乗せて3年生が入場すると会場はピリッと緊張感に包まれます。

上原校長先生の式辞では、よそ者(第三者的視点を持つ)、若者(積極的に行動する)、バカ者(他にないアイデアを持つ)、が既存の社会を変える。春高生は社会のリーダーとして「Stay Hungry, Stay Foolish」の気概をもって正解のないこれからの社会を担っていってほしい、と励ましの言葉が伝えられました。
実は、上原校長先生は今月末に役職定年を迎えるため、これが春高最後の卒業式とのことです。大変お疲れ様でした。これからも春高を気にかけていただけたらありがたいです。

続きを読む