青木涼真(高68回卒)さんが東京オリンピックに出場します

写真|「日本陸上競技連盟公式サイト」から引用

6月26日(土)、東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権男子3000メートル障害で青木涼真(高68回卒)さんが8分20秒70で3位となり、参加標準記録を突破。代表入りを決めた。結果を確認して、「夢が一つ叶った。熱いものがこみ上げてきた」という。

日本陸上競技連盟公式サイト 【第105回日本選手権】男子3000m障害3位 青木涼真(Honda・埼玉)コメント

青木涼真さんは、久喜市立鷲宮東中学校卒業、春日部高校から法政大学に進学。箱根駅伝5区の山登りで区間賞を獲得するなど一躍有名になる。大学卒業後、本田技研工業に入社、現在に到る。障害走は高校時代から取り組んでおり、社会人になり一層磨きがかかってきている。

《高校時代の恩師、秋庭先生からのコメント》

1年生の夏合宿以降、彼の才能に注目してきました。2年生の7月に初めて挑戦した3000mSC、果敢な走りを見せて全国大会を確信。3年生でインターハイ入賞、全国選抜優勝、大学入寮前日まで後輩たちと共に練習。大学1年次の箱根駅伝、高校ユニホームと同じ赤の靴を注文して走破。初期の青木選手に関われたことに感謝です。

なお、春日部高校出身でオリンピックに出場した者は、1956年(昭和31年)メルボルンオリンピックにサッカー選手として出場した高林隆(高2回卒)さんと、1992年(平成4年)アルベールビル冬季オリンピックに出場し、銅メダルを獲得した宮部行範(高39卒)さんで、今回の青木さんで三人目となる。

箱根駅伝5区山登りで青木涼真(法政大学2年・高68回生)さん快走

[ 寄稿者:竹村 義人(事務局)}

5区19㎞付近を快走する青木選手

5区19㎞付近を快走する青木選手

春高OBの青木涼真さん(法政大2年・高68回生)が、箱根駅伝5区山登りで区間賞(区間新)、9人抜きの走りを見せました。監督の「失敗しない男」の評価そのままに、昨年の8区快走を上回る快挙に同窓会への問合せも多く寄せられています。

なお、青木さんは、中学校まではサッカー部、春日部高校から本格的に陸上競技を始め、3年生のインターハイで3000㍍障害で8位入賞。全国高校選抜陸上大会の2000㍍障害で優勝しています。また、今季3000㍍障害では関東インカレ優勝、日本インカレ4位の成績を収めています。


1月6日凱旋、部員と汗を流しました。

1月6日凱旋、部員と汗を流しました。

1月6日凱旋、部員と汗を流しました。

◆プロフィール:
久喜市出身、法政大学生命科学部応用化学科在籍

※写真提供、春高陸上部顧問安藤尚弘先生


箱根駅伝8区で、青木涼真(法政大学1年・高68回生)さん快走

[ 寄稿者:竹村 義人(事務局)}

平塚~戸塚間、8区を快走する青木君

平塚~戸塚間、8区を快走する青木君

春高OBの青木涼真さん(法政大・高68回生)が、箱根駅伝8区に出場、一年生ながら、区間9位、記録:1時間7分20秒の快走を見せてくれました。

なお、青木君は、昨年の全国高校選抜陸上大会の2000メートル障害走(SCで優勝しています。

写真提供、春高陸上部顧問安藤尚弘先生


春高OBで、過去、箱根駅伝に出場した方は以下のとおりです。(高5回半田幸平さん提供)
①旧中44回卒宇田川さん(日本大)24・25・27・28回大会
②高8回宇田川 武男さん(埼玉大)35回大会
③高9回杉崎 孝さん(中央大)34・36・37回大会
④高10回西村 暢二さん(埼玉大)35回大会
⑤高22回名雲 昭夫さん(慶応大)47・50回大会
⑥須藤 純一さん(明治大)50回大会
⑦神能 竜知さん(早稲田大)63・64回大会

箱根駅伝出場、30年振り復活の快挙です。

法政シード権獲得、青木君のこれからが楽しみです。

青木君 2千障害で全国制覇

陸上競技部の3年青木涼真(りょうま)君が、8月30日に大阪・長居陸上競技場で開かれた第3回全国高校陸上競技選抜大会の2000㍍障害で、見事優勝を果たした。
なお、青木君は、先のインターハイの3000㍍障害で8位入賞している。

1位:青木涼真(埼 玉・春日部)    5′51″89
2位:野田一輝(山 口・西 京)    5′52″82
3位:中田大雅(神奈川・麻溝口)          5′56″63