関根勝さん主催 [Theatre Project Si] 最終公演のお知らせ

先日の東京春高会第20回記念行事でも舞っていただき、また来年の同窓会総会における講演者でもある関根勝さん(高16回)が主催する [ Theatre Project Si ] の最終公演が、来年の3月18日と21日に国立能楽堂で開催されます。 ぜひ、多くの春高同窓生に観劇していただければと思います。 なお、この公演でパーカッションを担当される石内聡明さんも春高22回生であり、元読売交響楽団の主席打楽器奏者です。 続きを読む

春風亭一之輔(高48回卒)がテレビ東京の新番組「Cross Road」で紹介されます

[寄稿者:同窓会事務局長 戸井田哲]

春風亭一之輔(川上隼一)さん

春風亭一之輔(川上隼一)さん

春風亭一之輔さんが、テレビ東京の新番組「Cross Road」で紹介されます。この番組は、その人がたどってきた道のりを振り返りながら、今なお新しいことに挑戦し続ける姿を紹介するものです。一之輔さんは若手落語家のホープとして注目される傍ら、海外公演を企画しています。 続きを読む

篠宮龍三さん(高47回卒)が朝日新聞be版「フロントランナー」に掲載されました

「青い闇は人を海に溶かす」プロフリーダイバー篠宮龍三さんが
2月9日(土)発行の朝日新聞be版「フロントランナー」に掲載されました。

沖縄県真栄田岬沖を潜る篠崎龍三さん

沖縄県真栄田岬沖を潜る篠崎龍三さん

時間や距離、重力から解き放たれ、音や光、空気もない青い闇に吸い込まれていく。深く広がる海は宇宙空間にどこか似ている。
フリーダイビングは一息でどれだけ潜れるかを競うスポーツ。足ひれ(フィン)を使って潜る「コンスタント・ウィズ・フィン(GWT)」という種目で、2010年に水深115メートルに到達しアジア記録を更新した。現在世界ランキング4位。日本人唯一のプロのダイバーとして、世界の深みをめざす。

加藤慶さん(高48回卒)が、朝日新聞「ひと」に掲載されたました

「帝京大学のラグビー4連覇に貢献したフィジカルコーチ」として、
1月14日(月)発行の朝日新聞全国版「ひと」に掲載されました。

朝日新聞「ひと」に掲載された加藤慶さん

朝日新聞「ひと」に掲載された加藤慶さん

記事の主な内容は次のとおりです。
史上初の4連覇を果たした選手たちの肉体を作りあげた。歓喜の瞬間をOBと観客席で見届け、「うれしいけど、僕は選手の手伝いをしただけ」と謙虚に笑った。
春日部高校ではラグビー部。国際基督教大学でアメフト部に入り、「弱いチームを変えるため」に肉体の鍛え方に興味を持った。就職した企業を一年で辞め、「スポーツで食っていく」と筑波大大学院へ。アメフットやラグビーのチームを渡り歩いて経験を重ね、やっと腰を据えて力を発揮できる居場所を得た。アメフットのクラブチーム「ノジマ相模原ライズ」のコーチも兼任している。「次はライズと帝京で日本一をとりたい」。夢にはまだ続きがある。