皆で楽しく名所・旧跡探訪 草加煎餅土産付き! 蓮田春高会

[ 寄稿者:蓮田春高会広報担当 大熊 俊雄 氏(高15回) ]

日頃の行いが好天を呼び込み絶好の探訪日よりになりました!

越谷市営「花田苑」

越谷市営「花田苑」

第16回名所・旧跡探訪は、4月24日(日)開催されました。午前9時に蓮田駅に集合。小雨の降る中参加者25名で出発。最初の訪問地は越谷市営「花田苑」で、約50分で到着。市営とは思えないほど立派な回遊式池泉庭園にみな一様に驚きました。もとは畑だったそうで能楽堂が併設されており、平成3年に約10億円強をかけて完成したそうです。


久伊豆神社

久伊豆神社

今朝からの雨も止み次第に天気も回復する中、すぐ近くにある久伊豆神社を訪れました。樹齢200年余の藤の古木の開花に迎えられ、心和やかに参拝できました。創建は平安中期頃と言われており、除災招福の神として古来より武士や庶民の信仰を集めてきたそうです。


松尾芭蕉像が立つ札場河岸公園

松尾芭蕉像が立つ札場河岸公園

昼食のあとは、草加せんべいで有名な草加駅で、観光ボランイティア「草加宿案内人の会」4人の方に迎えられ草加駅前の「おせんさん」の像を見ながら、2班に分かれて日光街道草加宿・名勝草加松原へとスタートしました。日光街道のお話を聞きながら、八幡神社、町屋建築としての「藤代家」、草加宿本陣跡の石碑、真言宗のお寺「東福寺」、せんべいに見立てた自然石「草加せんべい発祥の地碑」が立っているおせん公園と見てきて、六丁目橋を渡り草加松原遊歩道に入りました。


百代橋

百代橋

松尾芭蕉像・札場河岸跡等ガイドの説明を聞きながら矢立橋を渡り、約1キロ歩き百代橋(両方とも道路に架かる太鼓橋)のたもとがゴールとなりました。途中休憩等挟みながら、日光街道の歴史に想いを馳せながらの有意義な探訪となりました。個人ではなかなか来られないが、こういう機会がありがたいという参加者の声が多く聞かれました。


[ 文責:吉田 雅芳 ]

[関連ページ]