平成26年北川辺春高会総会および懇親会の開催報告

[ 寄稿者:北川辺春高会広報担当 三澤 孝平 氏(高21回) ]

記念撮影

記念撮影

2014年5月10日地元の割烹「かたやま」にて、23名(来賓含む)の出席を得て平成26年北川辺春高会総会と懇親会が開催されました。春高同窓会本部から今井会長および戸井田事務局長、そして地元加須市在住の野中名誉会長をご来賓にお迎えしての会合となりました。

まず総会は、副会長倉上皖教氏(高14回)の司会で、議長に渡辺銑太郎会長(高7回)が選出され、議事として事業報告/会計報告/監査報告/事業計画・収支予算案/役員改選・承認がなされました。

新会長 磯  文雄 氏(高10回)
副会長 倉上 皖教 氏(高14回)
副会長 羽鳥 均  氏(高14回)

また今回は、10月18日に北川辺春高会の地元である渡良瀬遊水地で行われる第4回春高ウォークに関する説明と協力依頼等が本部戸井田事務局長からなされました。今井会長、野中名誉会長から来賓のご祝辞を頂いた後、羽鳥新副会長の閉会の辞で無事総会が終了しました。


古澤満明氏(高4回)のお話

古澤満明氏(高4回)のお話

続いての懇親会は、大沢初夫氏(高17回)の司会進行にて、なごやか・にぎやか・笑いに包まれ多いに親睦が図られました。特に参加者各位の近況報告では、在校時のエピソードや現在の趣味興味などが話題に上げられ、在校時にも増して人生を謳歌している様子が伺われました。

顧問の古澤満明氏(高4回)からは、旧制中学の徽章/新制高校の徽章と襟章をご持参(写真参照)頂き、旧制中学と新制高校に渡って在学した当時のお話をして頂きました。 他の参加者からも、今では考えられないような色々な話があり、ここに紹介しきれません。

春高で教鞭をとられ、現在は北川辺に校舎のある私立開智未来中学高等学校教頭の加藤友信氏(高29回)が、戸井田事務局長からの連絡で懇親会会場に駆けつけられ挨拶されるなどもありました。懇親会の最後には、渡辺章氏(高21回)のリードで春高校歌を高らかに歌い、今回の総会&懇親会は無事終了となりました。

第4回春高ウォークが予定されている渡良瀬遊水地を、近々天皇皇后両陛下がご訪問されるという情報もあります。地元北川辺春高会では、引き続き渡辺前会長中心に「おもてなしの心」で受け入れ準備を進めて参ります。10月18日には、多くの春高ウォーク参加者の来訪をお待ちしております。

[フォトギャラリー]