医師・歯科医師

歯科医師

1988年卒業   高40回

にしやま あきら 西山 暁 応援指導部OB

住所 東京都文京区

春高に行って良かったこと

高校時代は応援指導部でリーダー長をしていました.男子校に入った上に,さらに当時でも化石のような封建的社会の巣窟に入部したわけです.当初は同期が15人いましたが,3年時には5人になっていました.しかし,全く悲観的な気持ちはなく,むしろやり遂げたという充実感に満ちていました。

部活以外では,1年から3年まですばらしい担任に巡り合い,クラスメートと過ごした日々も充実していました.一つ心残りといえば,学業を”少しだけ”おろそかにしたことでした.結果として浪人生活を送りましたが,現役時代に培った耐久力にも助けられ,次年度には無事合格することができました。

自己紹介

高校卒業後一浪はしたものの,次年度に東京医科歯科大学歯学部への入学を果たし,歯科医師への道を歩み始めました.大学時代は応援指導部から一転,オーケストラ部(御茶ノ水管弦楽団)とハンドボール部に在籍し,無事に6年で卒業し,歯科医師国家試験も現役で合格することができ,そのまま大学院に進みました.大学院を卒業して「歯学博士」となってからは,大学に残り臨床,研究,学生教育等に携わってきました。

現在は,東京医科歯科大学歯学部附属病院顎関節治療部(顎機能口腔機能学分野)という部門に在籍し,外来医長の任についています。

今でも年に1回,子供のピアノの発表会に学生時代の楽器で出演しています。