テーマは「復興の現場から低炭素都市創りまで」〜 東京春高会 12月の「気軽ゼミ」

[ 寄稿者:東京春高会世話係 大塚 治 氏(高30回) ]

東京春高会「気軽なゼミナール」、12月15日(金)開催!

福田聖次氏(高22回)

福田聖次氏(高22回)

震災復興の最前線で街づくりに取り組んでいらっしゃる福田聖次氏(高22回)の開発と環境保全コンサルタントとしての豊富な実績と博士論文研究を基に、資源の無い我が国における千年持続可能な都市創りとビジネスチャンスについて、大変ご多忙な中にも関わらず、復興の現場から駆けつけていただき語っていただきます。

今回も多くの方が関心をお持ちで役に立つテーマになっております。師走のお忙しい時期ではありますが、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

続きを読む

東京春高会「気軽なゼミナール」のご案内

[ 寄稿者:東京春高会世話係 大塚 治 氏(高30回) ]

今回の気軽なゼミナールは、グローバル危機管理研究の第一人者である(株)コミュニケーション戦略研究所 代表取締役 佐久間健様(高14回、同窓会副会長)に「国際談合の罠、なぜ日本人は逮捕者が多いのか」をテーマに次の要領でご講演いただきます。

なぜ多くの日本企業が欧米において談合で摘発されているのか、社員が刑務所に入れられ、個人、法人ともに多額の制裁金が課せられるというリスクにどう取り組んでいったらいいのか、といった全国から講演依頼が殺到している話のエキスを同窓生のためにご披露いただきます。

ビジネスに携わっているすべての方の危機管理能力を高める機会になると確信しております。お忙しい時期とは思いますが、多くの同窓生のご参加をお待ちしております。
続きを読む

新鮮な気づきと驚きがいっぱい。東京春高会が平成29年度第1回気軽なゼミナールを開催しました。

[ 寄稿者:東京春高会 飯島 眞也 氏(高24回) ]

ロゴデザインの基本についてレクチャーされる深井明さん

ロゴデザインの基本についてレクチャーされる深井明さん

1月27日(金)の夜に「コミュニケーションデザインについて」というテーマで日本橋人形町に約10名の同窓生が集まり開催しました。

講師の高19回の深井昭(ふかいあきら)さんは現在、株式会社アハの代表取締役 デザイナーとして活躍されています。 続きを読む

東京春高会「気軽なゼミナール(2016年第2回)」のご案内

[ 寄稿者:東京春高会世話係 大塚 治 氏(高30回) ]

DSC_8503_480x360東京春高会では、今年2回目の気軽なゼミナールを次の要領で開催いたします。

今回は、「がんばらない介護」を実現するIoT支援ツールが、総務省平成27年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラムに採択された42回卒の小川誠氏に講師をお願いしました。最先端の技術に興味がある方、仕事や家庭で介護に直面している方などにも参考になるお話が聞けると思います。ふるってご参加ください。

[小川誠さん紹介文]

大学卒業後、FPGA開発を日本の下請けで学ぶ
その後USシリコンバレーの海外半導体メーカーに勤務
20年にわたり、海外半導体の日本市場導入をサポート
日本国内で、無線規格『Z-Wave』普及の為、
エバンジェリストとして活躍されています。
2015年4月 株式会社Z-Works(ジーワークス)設立、代表取締役
総務省平成27年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム採択
(「がんばらない介護」を実現するIoT支援ツールの開発)

続きを読む

東京春高会 2014年 第1回お題のある同窓会を4/22(火)に開催しました。

[ 寄稿者:東京春高会幹事 飯島 眞也 氏(高24回)]

★お題「「片桐仁(ギリジン)さんを応援しに行こう」★

同窓生の皆様、お笑いコンビ「ラーメンズの片桐仁さん」を知っていますか。片桐さんは春高の44回卒業生です。職業はコメディアンであり、俳優であり、彫刻家でもあります。視点を変えればいわゆる多能多彩なクリエイターですが、テレビ、ラジオ、雑誌からもひっぱりだこで、今とても人気のある方です。

片桐仁さんの職業紹介

さて、その彼を観劇応援に行こうという目的でこの会を企画しました。参加者数は片桐さんと同期の6名も含めて計17名が集まりました。舞台終了後には彼の同期のAさんのつながりで、参加者全員で楽屋へおしかけ(慰労訪問し)て激励してきました。また、この公演会場は読売新聞東京本社ビルが昨年完成しましたが、そのビル内に今春オープンしたばかりのホールなのです。そこで、ここにお勤めの38回のNさん、54回のOさんにお願いして懇親会場を設定してもらいました。おかげで14~54回の同窓生達によるたいへん愉しい会になりました。 続きを読む