春燦々会(高33回卒)長崎遠征レポート

[ 寄稿者:春燦々会(高33回) 文章:津布久 陽一 氏 ]

春燦々会(高33回)恒例の企画旅行。今回は遠藤周作「沈黙」(後に巨匠マーティン・スコセッシが監督して映画化)ゆかりの地を訪ねることを目的に、令和元年(「令和」使ってみたかった)11月23日(土)~24日(日)長崎に遠征しました。

そしてまったくの偶然ですが、11/24はローマ法王長崎ご訪問の日でもありました。(何かの啓示でしょうか?)

前回の鹿児島遠征と同様、現地集合現地解散。
11/23~24を基準として計10名が現地に参集しました。
その構成としては、
前泊:博多組×3名(石田、柳澤、立原)、佐世保組×4名(岩本、中原、鷲塚、津布久)、
当日:長崎空港組×3名(山口、中村、岡崎)で
11/23午後の合流を目指しました。さらにこの後11/25まで延泊した者もいます。

本レポートは、佐世保組行動時間(23日朝~24日解散)を中心に、前回同様、諸般の事情で決定した「遅筆」の津布久が担当します。
ゆかり旅行に気合いの入った面々の中には、事前に「沈黙」読破したり、映画を鑑賞したり。
私はというと、このレポート作成時でも実はまだ読んでいます。

続きを読む

春燦々会(高33回)同期会を開催しました。

[ 寄稿者:春燦々会(高33回) 写真提供:中村優夫氏、文章:廣田匡紀氏 ]

全体写真

全体写真

2/24(日)、春燦々会(高33回卒)の同期会が盛大に執り行われました。当日は代表幹事 柳澤貞夫氏の呼びかけのもと、恩師 岩崎先生、戸井田先生にもご出席いただき、懐かしの春日部「やまや新館」に総勢35名が集まりました。思い出話に花を咲かせるとともに50代後半にさしかかって公私ともに変化の多い近況を語りあいました。以下、式次第に従って、当日の様子をレポートします。
続きを読む

春燦々会(高33回卒)鹿児島遠征レポート

[ 寄稿者:春燦々会(高33回) 写真提供:中村優夫氏、文章:鷲塚民哉氏 ]

4年毎の実施が恒例となりつつある春燦々会(高33回卒)の京都旅行(=大人の修学旅行)。

4年を待てないという面々が今回企画したのは、NHK大河ドラマ「西郷どん」のゆかりを訪ねるという11/17~18の鹿児島遠征!幹事会にて検討を重ねた結果、決定したのは、17日の夕刻から18日の夕刻までをコア時間として行動を共にする現地集合現地解散というもの。

航空券の発売開始情報を共有しながら、各自が自由に計画を立てて現地入り。最終的に15日入り1名、16日入り4名、17日入り5名(19日までの延泊2名含む)の計10名が現地に集合しました。本レポートはコア時間(17日AM到着~18日解散)の鹿児島を中心に記していきます。

とても楽しかった。諸般の事情で(w)私が記録を担当する事になり、まあ初心者目線で書きなぐりまする<m(__)m>
続きを読む

春燦々会「大人の修学旅行」2017

[ 寄稿者:春燦々会(高33回) 撮影:中村、文章:土井 ]

33回卒の同窓会:春燦々会では、親睦・親交を深めるために4年に一度、京都へ旅行している。人生経験を重ねた今、高校時代に友と歩いた古都の魅力を再発見しようということで、題して…「大人の修学旅行」。2回目は2013年。今回で春燦々会「大人の修学旅行」も第3回となった。(そう、「オトナ」っと銘打たれると胸が高鳴る…何期待してるんだかorz…)

とても楽しかった。諸般の事情で(w)私が記録を担当する事になり、まあ初心者目線で書きなぐりまする<m(__)m>
続きを読む

春燦々会、ジャズで活躍中の水谷浩章(同期)のライブを堪能する

[寄稿者:春燦々会(高33回)  立原 勇氏 ]

去る2016年12月14日、春燦々会(高33回同窓会・岩本敏英会長)のメンバーでジャズのベーシストとして活躍している水谷浩章君(ステージ写真中央)のライブに、春燦々会のメンバー(岡崎、小川、坂田、立原、中川、中原、成田、町田、柳澤)と恩師の宿利先生、計10名でお邪魔してきました。場所は新宿Pit inn。

今回のライブは、ジャズ・ピアニストの山下洋輔さんのクインテットでした。
出演は、ピアノ:山下洋輔、サキソフォーン:池田篤、トランペット:類家心平、ベース:水谷浩章、ドラムス:高橋信之介(敬称略) 続きを読む