第17回センテニアルオペラ公演「オテロ」

昨年のオペラ「ファウスト」から、マルグリートを演じる家田紀子さん

昨年のオペラ「ファウスト」から、マルグリートを演じる家田紀子さん

第17回センテニアル・オペラ公演が、下記のとおり2月16日(日)春日部高校音楽ホールで行われます。今回は、15世紀のヴェネツイアを舞台にキプロス総督のムーア人オテロの愛と嫉妬、部下のイヤーゴの抱く野望と復讐を描くオペラ「オテロ」ハイライトです。前回上演の「ファウスト」同様観衆を魅了する素晴らしい演技を鑑賞することができると思います。今回も多数の皆様方のご来場をお待ちしております。

続きを読む

第16回センテニアルオペラ「ファウスト」が上演されました

春日部高校同窓会と楽遊倶楽部「プレゴ」共催の、第16回センテニアル・オペラ公演が、2月17日(日)春日部高校音楽ホールで行われました。今年の演目はゲーテの「ファウスト第一部」を元に作られた作品で、1894年日本で初めて上演されたオペラ「ファウスト」です。420名収容のホールがほぼ満席となる大盛況の中、観衆を魅了する素晴らしい演技を鑑賞することができました。カーテンコールでは、惜しみない拍手がしばらく鳴り止まず、主催者からは花束の代わりに高級ワインが贈られました。 続きを読む

第16回センテニアル・オペラ公演「ファウスト」

第16回センテニアル・オペラ公演が、下記のとおり2月17日(日)春日部高校音楽ホールで行われます。今回は、1894年に日本で初めて上演されたオペラ「ファウスト」です。前回上演の「アイーダ」では420名収容のホールがほぼ満席となる大盛況となり、観衆を魅了する素晴らしい演技を鑑賞することができました。今回も多数の皆様方のご来場をお待ちしております。 続きを読む

第15回センテニアル・オペラ公演「アイーダ」大盛況

第15回記念センテニアル・オペラ公演が、2月19日(日)春日部高校音楽ホールで行われた。420名収容のホールがほぼ満席となる大盛況の中、観衆を魅了する素晴らしい演技を鑑賞することができた。カーテンコールでは、惜しみない拍手がしばらく鳴り止まなかった。 なお、川崎市の女性から次のような感想をいただいた。「簡素な舞台だからこそソリストの力量が大事。ハイライトでどれだけ重厚なオペラを表現できるかと思ったが・・素晴らしい。これまでの積み重ね15回に大いに感銘。コンサート全体が温かい雰囲気でよかった。この高校が素晴らしいホールを維持していることにびっくり。地域の方々の意識の高さに敬意を表します。」

「アイーダ」ジュゼッペ・ヴェルディ作曲
◎配役等は以下のとおり。来年の公演は「ファウスト」。音響効果の素晴らしいホールで、高級のオペラハイライトをぜひお楽しみください。

続きを読む