第63回春高祭が盛大に行なわれました

春高祭オープニング

春高祭オープニング

今年の春高祭が、6月8日(土)9日(日)「男の盛気 燃やせ!くすぶる己の魂!」のテーマの下、盛大に開催されました。2日間とも雨模様の予報でしたが、入場者数は2日間で10,004人となり、前年に引き続き1万人の大台を超えました。その中、それぞれの各展示場や音楽ホール・体育館などで最高の賑わいを見せていました。

今年も、音楽ホールでの音楽部の合唱や吹奏楽部のミニコンサート、体育館での臙脂の集いでは、開会1時間前から長蛇の列ができ、相変わらずの人気公演となりました。また、野外ステージで行われた「他校招待」と「ミス春高」も大いに盛り上がり、春高生の熱気が伝わってきました。春高祭グッズ販売コーナーも賑わいを見せ、Tシャツなどの人気商品は早い段階で売れ切れていました。

2日間にわたり、春高生の熱い想いと、力強い団結力を感じました。大きな事故もなく、今年も素晴らしい春高祭になりました。

[フォトギャラリー]

続きを読む

第62回春高祭が盛大に行なわれました

62回春高祭オープニング校歌

62回春高祭オープニング校歌

今年の春高祭が、6月9日(土)10日(日)「円木警枕、春高生、英気駆ける」のテーマの下、盛大に開催されました。2日目の日曜日には台風5号の影響を受けあいにくの雨模様となりましたが、入場者数は2日間で9,709人となり、各展示場や音楽ホール・体育館などで最高の賑わいを見せました。

今年も、音楽ホールでの音楽部の合唱や吹奏楽部のミニコンサート、体育館での臙脂の集いでは、開会1時間前から長蛇の列ができ、相変わらずの人気公演となりました。茶道部も部員全員が袴姿で御手前を披露、茶菓も春高オリジナルの物を用意し賑わいを見せていました。

例年、野外ステージで行われていた、「他校招待」と「ミス春高」は、雨天のため体育館での開催となりました。最後の「春高ジェンカ」は雨空のもと、大いに盛り上がり、春高生の熱い想いと、力強い団結力を感じました。大きな事故もなく、今年も素晴らしい春高祭になりました。

[フォトギャラリー]

続きを読む

第61回春高祭が盛大に行なわれました

春高祭オープニングの校歌

春高祭オープニングの校歌

今年の春高祭が、6月3日(土)4日(日)「We are in K」のテーマの下、盛大に開催されました。2日間とも好天に恵まれた事もあり、1万2127人と過去最高の賑わいを見せました。
今年も、音楽ホールでの音楽部の合唱や吹奏楽部のミニコンサート、体育館での臙脂の集いでは、開会1時間前から長蛇の列ができ、相変わらずの人気公演となりました。
茶道部も部員全員が袴姿で御手前を披露、茶菓も春高オリジナルの物を用意し賑わいを見せていました。一方、図書館では、古本市やどのおすすめ本が一番読みたくなったかを決める「ビブリオバトル」も開催されました。例年行われている、野外ステージの「他校招待」や「春高紅白」「ミス春高」、校庭でのフォークダンスから、最後は「春高ジェンカ」など大いに盛り上がり、春高生の熱い想いと、力強い団結力を感じました。大きな事故もなく、今年も素晴らしい春高祭になりました。

[フォトギャラリー]

続きを読む

第60回春高祭が盛大に開催されました

開会セレモニー

開会セレモニー

今年の春高祭が、6月4日(土)5日(日)「スカッと60周年! 千客万来! 世紀の漢祭り! 」のテーマの下、盛大に開催されました。2日間ともすっきりしない天候だった事もあり、1万人には僅か及びませんでしたが、9千人を超える入場者がありました。
今年も、音楽ホールでの音楽部の合唱や吹奏楽部のミニコンサート、体育館での臙脂の集いでは、開会1時間前から長蛇の列ができ、相変わらずの人気公演となりました。
茶道部も部員全員が袴姿で御手前を披露、茶菓も春高オリジナルの物を用意し賑わいを見せていました。一方、図書館では、古本市やどのおすすめ本が一番読みたくなったかを決める「ビブリオバトル」も開催されました。例年行われている、野外ステージの「他校招待」や「春高紅白」「ミス春高」、校庭でのフォークダンスから、最後は「春高ジェンカ」など大いに盛り上がり、春高生の熱い想いと、力強い団結力を感じました。大きな事故もなく、今年も素晴らしい春高祭になりました。 続きを読む

第59回春高祭の前日に芝山努さん(高11回)が講演

[ 寄稿者:山森 一幸(高27回)]

演壇上の芝山努さん

演壇上の芝山努さん

毎年春高は春高祭の前日に、オープニングセレモニーと称して著名人の方をお呼びし、生徒と保護者を対象とした講演会を開催しています。今年は春高卒業生の著名なアニメ監督・演出家である芝山努さん(高11回)をお呼びしました。去年(片桐仁さん)に引き続き、同窓会Web担当者の私が取材いたしました。 続きを読む