第5回春高ウォーク ~まるごと横浜を楽しむ~

[ 寄稿者:戸井田 哲(事務局長)/  編集者:山森 一幸(高27回)]

集合場所のJR桜木町駅前

集合場所のJR桜木町駅前

10月18日(日)、快晴そして無風という絶好のコンディションの中、第5回春高ウォーク「まるごと横浜を楽しむ」が開催されました。

今回、音頭を取るのは横浜春高会の皆様方。チームワーク良く準備を重ね、コースの下見からトイレ・休憩所の場所確認等、細部にわたり気を配り当日を迎えました。

参加人数は総勢72名。これらが5班(A1班・A2班・A3班・B1班・B2班)に別れ、午後12:40桜木町駅前をスタート、主催支部である横浜春高会のスムーズな誘導の元、参加者全員が存分に春高ウォークを楽しみました。 続きを読む

第四回春高ウォーク 〜素晴らしい秋晴れの中での渡良瀬遊水地の散策〜

[ 寄稿者:山森 一幸(高27回) ]

wataraseyuusuiti00410月18日(土)、快晴そして無風という絶好のコンディションの中、第四回春高ウォーク「渡良瀬遊水地の散策」が開催されました。

渡良瀬遊水地は、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県の4県の県境にまたがる日本最大級の遊水地であり、また先日埼玉県で初めてラムサール条約の湿地に登録されたことでも有名です。

植物や鳥類などの自然環境に恵まれ、関東地方の治水事業・利水事業においても極めて重要なこの渡良瀬遊水地が今回の春高ウォークの舞台です。

参加人数は総勢86名。これらが4班(A1班・A2班・B1班・B2班)に別れ、主催支部である北川辺春高会のスムーズな誘導の元、マイクロバス2台での移動も含んだ綿密な計画のおかげで、参加者全員が存分に春高ウォークを楽しみました。 続きを読む

今年の「春高ウォーク」はラムサール条約登録湿地の渡良瀬遊水地

昨年の10月19日(土)に第3回春高ウォークが越谷市でおこなわれました。約70名の参加者が集い、古きき歴史に育まれ、現在なお発展目覚ましい埼玉県東部の中核都市「越谷市」の街並みをゆっくり楽しみながら歩くことができました。

さて、今年の春高ウォークは、平成24年7月3日にラムサール条約登録湿地となった渡良瀬遊水地を訪ねます。北川辺春高会の皆様にご案内いただき、渡良瀬遊水地の自然と成り立ちをウォーキングをしながら楽しく学びましょう。なお、春高伝統の一万メートル走は、、現在この渡良瀬遊水地を拠点に行われています。

実施要項は下記のとおりです。同期の方々、あるいはご家族同伴でお申込みください。多数の方々のご参加をお待ちしております。 続きを読む

越谷市を舞台にした第三回春高ウォークのご報告

[ 寄稿者:戸井田 哲(事務局長) ]

10月19日(土)、第三回春高ウォークが東部の中核都市越谷市において盛大に行われました。当日は、69名の参加者とともに、晩秋の街並みをゆっくり楽しみながら歩くことができました。

《開会式》

開会式風景

開会式風景

12時50分、越谷駅前に集合、今井同窓会長からご挨拶をいただいた後、当日の日程と注意事項等を、戸井田事務局長が行いました。

《春高ウォーク出発!》

1時00分、4班に分かれて出発。コースは、越谷駅→久伊豆神社→花田苑。ここからはマイクロバス2台に分乗し、それぞれレイクタウン調節池と大相模氏館跡を交互に見学し、懇親会が行われる割烹橋本屋に向かいました。約3時間の行程でしたが、天候にも恵まれ全員が目的地まで無事到着することができました。歴史と新しい文化が交錯する越谷市を訪れ、大変有意義な春高ウォークであったとの感想が多く聞かれました。 続きを読む

今年の「春高ウォーク」は10月19日(土)越谷市で

昨年の10月20日(土)に第2回春高ウォークが岩槻区でおこなわれました。
80名の参加者が集い、城下町岩槻の歴史を肌で感じながら、晩秋の街並み
をゆっくり楽しみながら歩くことができました。

さて、今年の春高ウォークは、埼玉県東部の中核都市「越谷市」を訪ねます。
実施要項は下記のとおりです。同期の方々、あるいはご家族同伴でお申込みください。
多数の方々のご参加をお待ちしております。 続きを読む