令和初!第26回 東京春高会を銀座で開催

[ 寄稿者:東京春高会広報担当 赤川 和大 氏(高48回) ]

第26回 東京春高会のご案内

クルーズクルーズ THE GINZA

クルーズクルーズ THE GINZA

今年は下記の日程で定例の第26回東京春高会を開催します。

この会はビジネス情報の交換と同窓生の交流を主目的に開かれており、同窓生であればお住まいの地域に関わらず、どなたでもご参加いただけます。また、今年は新たな試みとして学生料金(先着20名まで)を設定しましたので、是非この機会に知人や知人のご子息の皆様にもお声がけいただきますよう、ご協力の程よろしくお願い致します。

春日部高校120周年記念イベント「大人の春高祭」に先立ち、大都会のど真ん中で校歌を歌いましょう♪

何かとお忙しい時期とは存じますが、是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。 続きを読む

「埼玉応援団大集合!! I Love Saitama from Tokyo 2019」が盛大に行われました!

[ 寄稿者:東京春高会広報担当 赤川 和大 氏(高48回) ]

青島健太さん(高29回)を囲んで

青島健太さん(高29回)を囲んで

8月28日(水)18時30分より、一般財団法人 埼玉県人会主催の懇親会「埼玉応援団大集合!! I Love Saitama from Tokyo 2019」が開催されました。 続きを読む

「埼玉応援団大集合!! I Love Saitama from Tokyo 2019」のご案内

今年も一般財団法人 埼玉県人会主催の懇親会「埼玉応援団大集合!! I Love Saitama from Tokyo 2019」が下記の要領で開催されます。

埼玉県人会は大正2年に渋沢栄一が中心になって設立された会で、懇親会には毎年、県知事をはじめ政財界から多くの方が出席しており,春高同窓会でも東京春高会が窓口となって数年前から参加しております。ご都合のつく方はぜひご参加ください。

続きを読む

東京春高会 令和初の「気軽なゼミナール」、大盛況!

[ 寄稿者:東京春高会 阿部 幸司 氏(高44回) ]

今回のテーマは、「AI時代を生き抜く働き方改革」

加藤信勝氏(高44回)

加藤信勝氏(高44回)

令和元年6月4日、人形町区民館にて、加藤信勝さん(高44回)を講師にお迎えし、「AI時代を生き抜く働き方改革」というテーマで講演していただきました。

当日は恩師の松本先生にもご参加いただき、高11回から高53回までの総勢20名での開催となりました。

「ITってなんだっけ?」という今さら聞かれてもすぐには答えられないかも知れないような優しい導入で始まった講義は、ITの歴史、IT業界での流行りもの、と、用語解説を挟みながら解りやすく展開され、なぜ日本人が、特に若者が閉塞感を持ってしまっているのか、夢や希望を持てなくなっているのか、そして今後は団塊世代の自己破産者が増加するという予測と、とても盛り沢山な内容でした。

特に「仕事」と「作業」の話は、かつて私たちも新入社員の頃に先輩方から言われていた話ですが、ついに自らも次の世代に伝えていく時が来たのだと考えさせられました。

講義後の質疑応答も活発に行われ、時間切れになってしまうほどでした。

不定期開催の「気軽なゼミナール」。
次回は是非、皆様も足を運んでみてくださいませ。 続きを読む

令和最初の気軽ゼミ。テーマは「AI時代を生き抜く【働き方改革】」

[ 寄稿者:東京春高会 阿部 幸司 氏(高44回) ]

東京春高会「気軽なゼミナール」は、6月4日(火)人形町区民館にて開催。

加藤信勝氏(高44回)

加藤信勝氏(高44回)

令和最初の気軽なゼミナールは、IT、システム業界のプロジェクトマネジメントで数々の活躍をされている加藤信勝さん(高44回)を講師に迎え、下記の通り開催いたします。

少子高齢化が加速してゆくこれからの世の中で、ITがどう活用され、どのような世の中になってゆくのか。日本における今後の「働き方」におけるパラダイムシフトと潜在的に抱える問題について、ご講演いただきます。

春高卒業生ならではどなたでも気軽にご参加いただける「気軽なゼミナール」。とても多くの方が関心をお持ちであり、今や国策でもあるテーマを取り上げての開催です。何かとお忙しい時期ではありますが、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

加藤信勝氏プロフィール

株式会社ABI 代表取締役社長
企業情報:IT、システム業界でプロジェクトマネジメントを中心とする上流工程特化型企業として2006年に設立
https://www.abi-inc.co.jp/
2006年設立時より取締役COOとして、会社経営全般に携わる
2017年10月より代表取締役社長に就任

続きを読む