ユーモアたっぷりの近況報告6月14日に 幸手春高会の総会

[ 寄稿者:中村行生氏(高5回) ]

宮田光雄さんの音頭で乾杯

宮田光雄さんの音頭で乾杯

幸手春高会の今年度の総会が、6月14日、市内の割烹「渡辺家」で開かれました。昨年より10人多い35人が出席。

まず、会の冒頭で、昨年7月に亡くなった前会長の安部晴介さん(高3回)の後任として、新会長に秋間國夫さん(高13回)が選出されました。

また、今年初めて参加した若手の浜田浩さん(高32回)と小松原孔明さん(高42回)に記念品として春高Tシャツが歓迎の拍手の中で贈られました。

会計報告や本部からのお願いのあいさつの後、懇親会に入り、この会恒例の参加者一人ひとりの自己紹介を兼ねた近況報告がありました。春高時代の想い出や今やっている仕事の話など、人それぞれ。でも、短い時間の中でユーモアたっぷりのスピーチに、会は一気に和やかなムードに包まれました。

民謡歌手・野口悦男さん(高13回)作曲の「幸手ふるさと音頭」を、野口さん指導を受けてみんなで歌い、最後は肩を組んで校歌を斉唱して、再会を誓い合いました。

[フォトギャラリー]

”近況報告”でなごやかな雰囲気 15日に幸手春高会の総会

[ 寄稿者:中村行生氏(高5回) ]

集合写真

集合写真

幸手春高会の総会が、15日にながやかな雰囲気の中で開かれました。会場は市内の三代寿司。

同会では出席者が2、3分自己紹介をかねて近況報告をすることになっています。ユーモアを交えてのスピーチに、時にはひやかしの声や質問が飛び出して、会場にはなごやかな雰囲気が漂っていました。「ふつう席を離れた人の所へはちょっと行くにくいものだが、このスピーチでお互いのことがよく判っていい」という声が多く、忘年会と合わせれて年2回、この近況報告を続けています。 続きを読む

近況を報告し合い 親睦深めるー幸手春高会の総会

[ 寄稿者:中村行生 氏(5回) ]

 6月9日、幸手春高会の総会が市内の渡辺家で開れました。参加は27名。阿部晴介会長と今井宏同窓会長のあいさつと会計報告などの後、幸手春高会恒例の一人ひとりの近況報告がユーモアを交えて2、3分披露されて、会の雰囲気が一段と和みました。また、人気の春風亭一之輔(高48回)の落語を幸手で聞こうと、一之輔を招いての忘年会の日程を12月1日と決めました。 続きを読む