春燦々会(高33回卒)長崎遠征レポート

[ 寄稿者:春燦々会(高33回) 文章:津布久 陽一 氏 ]

春燦々会(高33回)恒例の企画旅行。今回は遠藤周作「沈黙」(後に巨匠マーティン・スコセッシが監督して映画化)ゆかりの地を訪ねることを目的に、令和元年(「令和」使ってみたかった)11月23日(土)~24日(日)長崎に遠征しました。

そしてまったくの偶然ですが、11/24はローマ法王長崎ご訪問の日でもありました。(何かの啓示でしょうか?)

前回の鹿児島遠征と同様、現地集合現地解散。
11/23~24を基準として計10名が現地に参集しました。
その構成としては、
前泊:博多組×3名(石田、柳澤、立原)、佐世保組×4名(岩本、中原、鷲塚、津布久)、
当日:長崎空港組×3名(山口、中村、岡崎)で
11/23午後の合流を目指しました。さらにこの後11/25まで延泊した者もいます。

本レポートは、佐世保組行動時間(23日朝~24日解散)を中心に、前回同様、諸般の事情で決定した「遅筆」の津布久が担当します。
ゆかり旅行に気合いの入った面々の中には、事前に「沈黙」読破したり、映画を鑑賞したり。
私はというと、このレポート作成時でも実はまだ読んでいます。

続きを読む

《高44回同期会開催のご案内》「平成元年に出会った僕ら、新しい時代の元年に再び集おう!」

[ 寄稿者:阿部 幸司 氏(高44回) ]

2013年ホームカミングデー(第一部)

2013年ホームカミングデー(第一部)

あのホームカミングデーから早6年が経過し、新たな令和の時代が始まりました。平成元年に八木崎で僕らが出会ったあの日から丸30年が経過したわけです。

今年は母校120周年の記念事業もあり、色々な意味でメモリアルイヤーとなることでしょう。この機会に、あの日から今日までの「平成自分史」を持ち寄り、新たな令和の時代への期待と希望を語り合いませんか。 続きを読む

【参加者募集中】母校120周年を祝し、令和で初の高24回同期会を6月23日(日)に開催します。

[ 寄稿者:高24回 飯島 眞也 氏 ]

高24回同期の諸君へ、お元気ですか。

さて、今年は春高を卒業してから47年の歳月が過ぎ、母校も120周年を迎えます。これを祝して同期会を開催します。是非ご参加ください。

また、この日は母校音楽ホールで「同窓会の総会」があり、15時30分から同期の萩田紀博さん(元 知能ロボティクス研究所 所長)が記念講演をします。テーマは「百寿社会に向けた人と共生するロボットとは~あなたが使ってみたいロボットはどれですか。~」です。

お時間のある方は講演を聴講してください。そのあとで17時30分までに同期会会場(春日部駅東口のヤマヤ)へお越しください。(なお、この記念講演を聴講する場合は同期会とは別ですので、下記からお申し込みをお願いします。) 続きを読む

春燦々会(高33回)同期会を開催しました。

[ 寄稿者:春燦々会(高33回) 写真提供:中村優夫氏、文章:廣田匡紀氏 ]

全体写真

全体写真

2/24(日)、春燦々会(高33回卒)の同期会が盛大に執り行われました。当日は代表幹事 柳澤貞夫氏の呼びかけのもと、恩師 岩崎先生、戸井田先生にもご出席いただき、懐かしの春日部「やまや新館」に総勢35名が集まりました。思い出話に花を咲かせるとともに50代後半にさしかかって公私ともに変化の多い近況を語りあいました。以下、式次第に従って、当日の様子をレポートします。
続きを読む

春燦々会(高33回卒)鹿児島遠征レポート

[ 寄稿者:春燦々会(高33回) 写真提供:中村優夫氏、文章:鷲塚民哉氏 ]

4年毎の実施が恒例となりつつある春燦々会(高33回卒)の京都旅行(=大人の修学旅行)。

4年を待てないという面々が今回企画したのは、NHK大河ドラマ「西郷どん」のゆかりを訪ねるという11/17~18の鹿児島遠征!幹事会にて検討を重ねた結果、決定したのは、17日の夕刻から18日の夕刻までをコア時間として行動を共にする現地集合現地解散というもの。

航空券の発売開始情報を共有しながら、各自が自由に計画を立てて現地入り。最終的に15日入り1名、16日入り4名、17日入り5名(19日までの延泊2名含む)の計10名が現地に集合しました。本レポートはコア時間(17日AM到着~18日解散)の鹿児島を中心に記していきます。

とても楽しかった。諸般の事情で(w)私が記録を担当する事になり、まあ初心者目線で書きなぐりまする<m(__)m>
続きを読む