テーマは「復興の現場から低炭素都市創りまで」〜 東京春高会 12月の「気軽ゼミ」

[ 寄稿者:東京春高会世話係 大塚 治 氏(高30回) ]

東京春高会「気軽なゼミナール」、12月15日(金)開催!

福田聖次氏(高22回)

福田聖次氏(高22回)

震災復興の最前線で街づくりに取り組んでいらっしゃる福田聖次氏(高22回)の開発と環境保全コンサルタントとしての豊富な実績と博士論文研究を基に、資源の無い我が国における千年持続可能な都市創りとビジネスチャンスについて、大変ご多忙な中にも関わらず、復興の現場から駆けつけていただき語っていただきます。

今回も多くの方が関心をお持ちで役に立つテーマになっております。師走のお忙しい時期ではありますが、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

続きを読む

こんな大臣がもっといれば日本はまだ黄昏ない(東葛春高会)

[ 寄稿者:東葛春高会広報担当  蓮見 博之 氏(高24回) ]

恒例の記念撮影

恒例の記念撮影

第5回東葛春高会が開催されましたのでご報告いたします。東葛春高会も区切りの第5回を迎え、今回は地元流山の斎藤農林水産大臣に講演をお願いしました。

冒頭、斎藤大臣は、安倍首相には失言に注意するように、特に例え話に注意するように釘を刺されましたと笑わせながらも、参加者も30人ちょっと、報道陣もいない、身元もしっかりした?春高OBが聴衆とのこともあり、TPPと日本の農業について熱く語っていただきました。 続きを読む

今年も大盛況 N響メンバーによる「ピアノ五重奏」

[ 寄稿者:戸井田 哲(事務局長)/  写真撮影:山森 一幸(高27回)]

ピアノ五重奏

去る、11月19日(日)、春日部高校音楽ホール(センテニアルホール)において、NHK交響楽団の精鋭メンバーによるピアノ五重奏が行われました。

420名収容のホールが満席となる大盛況の中、観衆を魅了する素晴らしい演奏会となりました。オープニングは、クラシック音楽史上最も親しまれて数多く演奏されているチャイコフスキーの「花のワルツ」、美しい音色で観客の心を掴み取りました。

続いて、シューマンの「ピアノ五重奏曲変ホ長調OP.44」、5人の息が合った演奏に会場全体が酔いしれました。

休憩後は、サウンド・オブ・ミュージックメドレーからビートルズ・メドレー、浜辺の歌、少年時代、見上げてご覧夜の星をと続き、ピアノ五重奏の持ち味を充分生かした幅広いジャンルの演奏を楽しむことができました。 続きを読む

第六回栃木春高会が開催されました

[ 寄稿者:栃木春高会広報担当 穂波 俊宏 氏(高37回) ]

第六回栃木春高会参加のみなさん

第六回栃木春高会参加のみなさん

さる平成29年11月11日(土)に第六回目となる栃木春高会を開催しました。例年どおり会員の方による講演会の後、場所を変えての懇親会という形式で実施しました。みなさんがより参加しやすい日時ということで昨年の10月開催から2週間程遅らせての11月開催、加えて時間も18時半からと1時間遅らせて開催してみました。 続きを読む

2017年度 浦和春高会が行われました。

[寄稿者:浦和春高会広報担当 安島 邦彦 氏(高26回)]

霜月の澄んだ空の下、11月11日(土) 14時~16時、浦和春高会が和やかに開催されました。

浦和春高会の新井会長(高5回)による開会の挨拶のあと、ご来賓の春日部高校同窓会の日向会長(高20回)と同窓会大宮支部の冨山支部長より祝辞をいただき、尾崎様(高22回)ご発声で乾杯をしました。

そして、司会から欠席者のメッセージをお伝えした後、参加者全員より近況を語ってもらい、笑顔あふれる楽しい時間が過ぎていきました。

最後に、応援指導部出身の熊澤氏(48回)のリードで校歌を全員で歌い、初代応援団長の新田様(1回)のエール、浦和春高会長の新井様の万歳三唱でお開きとなりました。

《記》
会場 さいたま市民会館うらわ706集会室
参加人数 20名(来賓含む)

[関連ページ]