第16回美術展を盛会裏に終了~宮代春高会~

[ 寄稿者:宮代春高会広報担当 松本三千雄 氏(高13回) ]

終了後の記念撮影

終了後の記念撮影

宮代春高会美術クラブ(高第15回卒 掛川 勝一部長)は去る11月13日~18日宮代町立図書館展示ホールにおいて第16回美術展を開催しました。会員10名、準会員5名、近隣支部から4名、19名の方々の力作49点が展示されました。

会期中は過去最高となる350名を超える方々にご高覧いただきました。今回は絵画部門で真道 建さん(高第45回卒)に初出展をいただきました。また、幸手の穐場 豊さん(高第6回卒)、春日部の桑原 清さん(高第23回卒)、にも力作をご出展いただきました。

写真部門では花火撮影では名人級といわれる春日部の一ノ宮敏昭さん(高第21回卒、春高写真部OB)にも力作をご出展いただきました。

京極 琴山さんの作品

京極 琴山さんの作品

工芸部門では春日部の押絵羽子板師 第三代 京極 寿一(号:琴山)さん(高第10回卒)に埼玉県伝統的手工芸押絵羽子板「京鹿子娘道成寺」「歌舞伎十八番勧進帳弁慶」の二点をご出展いただき会場に華を添えていただきました。なお、恒例の篆刻体験学習も相変わらずの人気で好評でした。

美術クラブでは2020年のオリンピックまでに会員の記念作品集を作成すべく作業中です。今後ともご参加をお待ちするとともに応援をよろしくお願いいたします。


春燦々会(高33回卒)鹿児島遠征レポート

[ 寄稿者:春燦々会(高33回) 写真提供:中村優夫氏、文章:鷲塚民哉氏 ]

4年毎の実施が恒例となりつつある春燦々会(高33回卒)の京都旅行(=大人の修学旅行)。

4年を待てないという面々が今回企画したのは、NHK大河ドラマ「西郷どん」のゆかりを訪ねるという11/17~18の鹿児島遠征!幹事会にて検討を重ねた結果、決定したのは、17日の夕刻から18日の夕刻までをコア時間として行動を共にする現地集合現地解散というもの。

航空券の発売開始情報を共有しながら、各自が自由に計画を立てて現地入り。最終的に15日入り1名、16日入り4名、17日入り5名(19日までの延泊2名含む)の計10名が現地に集合しました。本レポートはコア時間(17日AM到着~18日解散)の鹿児島を中心に記していきます。

とても楽しかった。諸般の事情で(w)私が記録を担当する事になり、まあ初心者目線で書きなぐりまする<m(__)m>
続きを読む

銀座の空に校歌が響く!! ~第25回東京春高会開催報告~

[ 寄稿者:東京春高会 世話係 大塚 治 氏(高30回) ]

須藤晋良(高49回卒)さんの演奏する音楽で会がスタート

須藤晋良(高49回卒)さんの演奏する音楽で会がスタート

11月10日(土)、2年ぶりに銀座で開催となった第25回東京春高会に、高2回から高63回まで42名の同窓生が会場となった「クルーズクルーズ THE GINZA」に集まりました。

須藤晋良氏(高49回)が企画した歓迎の音楽で開会した東京春高会、同窓生によるビジネス交流を主眼としている会らしく、乾杯の後は会場のあちこちで名刺交換と歓談の輪ができました。今回は8名の方が初めて参加してくださり、お一人おひとりにじっくりと自己紹介をしていただきました。
続きを読む

第6回東葛春高会『教育は一瞬にして永遠である』

[ 寄稿者:東葛春高会広報担当  蓮見 博之 氏(高24回) ]

東葛春高会集合写真

東葛春高会集合写真

第6回東葛春高会が、松戸市の聖徳大学10号館で11月17日(土)に開催されましたのでご報告いたします。

今回は、元全国中学校長会会長岩瀨正司氏に表題で講演をいただきました。岩瀨氏は、教育信条である『教育は一瞬にして永遠である』との演題で、つい先日招かれて行かれた中国の話題から説き起こして1時間以上たっぷりお話いただきました。 続きを読む

蓮田春高会 第19回名所旧跡探訪

[ 寄稿者:蓮田春高会広報担当 岡野 晃 氏(高24回) ]

古河歴史博物館にて

古河歴史博物館にて

平成30年10月20(土)蓮田春高会では、第19回名所旧跡探訪を実施しました。

蓮田駅改札口前9時集合後、電車で古河市へ行きました。参加費2,000円(含む昼食代)(交通費自己負担)。今回の参加者は少なく、総勢13人。古河市観光ボランティア協会ガイドさんのご案内を頂きました。主な見学場所は、古河文学館・古河歴史博物館・正定寺他数ヶ所。 続きを読む