土橋一夫さん(37回卒)、福田智弘さん(36回卒)からご著書を寄贈していただきました

「夢街 POPDAYS」
ーレコード屋・・・それは私達にとってまさに夢の街だー 土橋一夫・高37回卒

夢街 POPDAYS

夢街 POPDAYS

<帯書きから>
レコード・ショップを舞台に長年、独自の活動をしてきたことで知られるバイヤーや店主、マーチャンダイザーなどとの対談を通じて、本来レコード・ショップが考え、発信し、志したものは何だったのか?というテーマを、今改めてまとめた証言集。ユーザーに最も近い立場にあるレコード・ショップにスポットを当てた、もう一つの音楽史がここにある。

続きを読む

中田雅敏さん(高16回)、中里卓治さん(高18回)からご著書を寄贈していただきました

忘れられた作家・忘れられない作品(新典者)
中田雅敏・高16回卒

中田雅敏 著

中田雅敏 著

<あとがきから>
ごく平凡な日本人といえる私も文章というもの、書くということに興味を持って生きてきた。サラリーマンや商店主、主婦やご隠居などがお書きになられる文章には立派なものを目にする。たとえば新聞の投稿欄の意見や提案、或いは日常生活の時々の思いを述べられた文章に感銘を受けることが度々ある。それは実際に生活する目で物を見、自分の感情の動きを率直に述べられているからであろう。
同様に私も文学作品を語ったり、思いを述べたりしてきた。その中で世にすっかり忘れられた作家もいるが、作品が心に残って忘れられない作がある。中でもいま一度多くの方に読み直してて欲しい作家や作品がある。そういう思いで書いた拙文をいとおしく思うようになってきた。それを全く忘れてしまわない中にまとめて記しておきたいと思い、出版に至った。 続きを読む

福田智弘さんからご著書をご寄贈いただきました

福田智弘著「浮世絵の謎」

福田智弘著「浮世絵の謎」

高校36回卒の福田智弘さんが、実業之日本社から「浮世絵の謎」」を発刊されました。

日本の古典絵画を代表する「浮世絵」。葛飾北斎、東洲斎写楽、喜多川歌麿、歌川広重・・・など、名だたる絵師たちによる数々の名作には、こんな謎が隠されていた!?
教科書や美術書で誰もが一度は目にしたことがある名画の知られざる秘密に興味深く迫る!

福田さんは、東京都立大(現首都大学東京)人文学部卒。編集・デザインディレクターを経て、現在、国内外の歴史、古典文学関連を中心に、精力的に執筆活動を行う作家として活躍しています。

本書を同窓会展示ギャラリーにご寄贈いただきました。

武井博さん(高7回卒)からご著書をいただきました

泣くのはいやだ、笑っちゃお

泣くのはいやだ、笑っちゃお

「泣くのはいやだ、笑っちゃおう」
ー「ひょうたん島」航海記ー

井上ひさし、山元護久、宇野誠一郎、藤村有弘、中山千夏など、若き才能が作り上げた伝説の人形劇「ひょっこりひょうたん島」。その航跡を元NHK担当ディレクターであった武井博さんが書き下ろしています。あの番組が作られ、放送された歴史を内側から綴った興味深いご著書です。

<武井 博さんの経歴>
春高7回卒、早稲田大学文学部卒。59年にNHKに入局。ディレクターとして子ども向け番組の企画制作に携わる。「ものしり博士」に続いて、1964年の放送開始から69年の番組終了まで「ひょっこりひょうたん島」の企画・演出を手がける。その後、多数の番組の企画演出を担当する。現在は、「横浜カルバリー・チャペル」の名誉牧師を務める。座間市在住。

吉田正彦さん(高12回)からご著書をご寄贈いただきました

吉田正彦著「西洋珍職業づくし」

吉田正彦著「西洋珍職業づくし」

今はなき、ヨーロッパの奇妙な職業を調べた類のない本。
蟻のさなぎを取って売るという商売が、中部ヨーロッパには、1920年代まであったという。鳥のエサにするのだとのこと。
電気、ガス灯がなかった時、宮殿や芝居の灯はロウソクに頼っていた。ヴェルサイユ宮殿では3千本、ウイーン宮廷劇場では1回の上演に舞台に5百本、客席に3百本使ったとか。当時のものは獣脂が出て悪臭を放った。そこで、たえず芯を切り揃えるのを職業とする人が舞台や客席を駆け回ったという。
街角に壺を置き、そこに小便をしてもらい、そこからのアンモニアで羊毛の衣料を洗う職業は、古代ローマからあり、印刷機の発明以後、古布を回収する貧しい人が、いたるとを歩いていた。
スパイスの効かせた文章と、アイロニーにあふれた挿絵、人の世の栄枯盛衰の物語。
ミヒエエラ・フィーザー著。

<訳者の吉田正彦さん>
春高12回卒、元明治大学文学部教授。
近世、近代のドイツ文学および文化を専攻。文筆家、翻訳業。さいたま市岩槻区在住。