直木賞作家北村薫(20回卒、宮本和男)さんから ご著書を寄贈していただきました

いとま申して3「小萩のかんざし」

 文藝春秋刊 北村薫(20回卒、宮本和男)

いとま申して3「小萩のかんざし」

いとま申して3「小萩のかんざし」

 

父親の残した膨大な量の日記から、さまざまな分野で主役をつとめた人々と、父親とのかかわりを記すこにより、普遍的なひとつの時代を描く絵巻になりっています。

第1巻「いとま申して 童話 の人びと」
第2巻「慶應本科と折口信夫 いとま申して2」

完結編となる3作目が、今回の「小萩のかんざし いとま申して3」となります。

続きを読む

谷口清さん(高20回卒)からご著書を寄贈していただきました

「発達臨床心理学」
ー脳・心・社会からの子どもの理解と支援ー 遠見書房  谷口 清・高20回卒

谷口清著「発達臨床心理学」

谷口清著「発達臨床心理学」

<はしがきから>
発達とその障害を脳科学の観点から解説した書籍は最近増えているが、本書の特色は脳科学に基礎を置きつつ、発達臨床の観点から子どもの内面に踏み込んで支援の在り方を考察しようとしていることにあると自負している。
続きを読む

高60回生の飛鳥馬 翼さんが、第7回ものづくり日本大賞受賞

高60回生の飛鳥馬 翼さんが勤務する株式会社熊谷組が、無人化施工技術(建設機械をラジコンのように遠隔操作する技術)でものづくり日本大賞を受賞いたしました。

1月22日(月曜日)に、首相官邸で安倍内閣総理大臣から直接表彰されました。

●国土交通省のHPに掲載されました。
http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_006072.html

●総理官邸のHPに当日の動画が掲載されております。
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201801/22monodukuri.html

●弊社のプレスリリース記事です。(記念撮影向かって右)
http://www.kumagaigumi.co.jp/news/2017/nw_180124_1.html

※ものづくり日本大賞に関して
●公式HP
http://www.monodzukuri.meti.go.jp/

●国交省プレス
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000720.html

●経産省プレス
http://www.meti.go.jp/press/2017/01/20180115001/20180115001.html

骨太のリーダー育成事業で猪熊敏博さん(高35回、ワコール執行役員)が講演

2年生対象に行なわれた骨太リーダー講演会

2年生対象に行なわれた骨太リーダー講演会

春日部高校では、県の指定を受け「骨太のリーダーを育成する高校生のための埼玉リベラルアーツ事業」を活用して、各界で活躍している方をお招きした講演会等を実施しています。

講演会を通して、生徒に「様々な角度から物事を見る力、自主的・総合的に考え的確に判断する力、将来社会に出てリーダーとして活躍できる力」を身に付けさせ、豊かな人間性を育成させることを目的としています。

今年は、猪熊敏博さん(高35回卒・ワコール執行役員  広報・宣伝部部長)に講演をお願いしました。春高時代の同級生で2年生の担任をしている黒野先生から、講師の猪熊さんの略歴等について紹介があった後、講演に入りました。

猪熊さんからは、服飾関係に就いたまでの経緯や日ごろ大切に思っている事柄、春高生に伝えたい事などについて、お話しいただきました。人との出会いを大切にし、今回のタイトルでもある「将来を見据えて 今を生きる  それが将来の自分を造る」をモットーに力強く活躍してもらいたいとのメッセージをいただきました。

パワーポイントや映像を交え、分かりやすく説得力あふれる講演会になりました。生徒達も熱心に聞き入り、これからの生き方について大変参考になったものと思われます。

続きを読む

箱根駅伝5区山登りで青木涼真(法政大学2年・高68回生)さん快走

[ 寄稿者:竹村 義人(事務局)}

5区19㎞付近を快走する青木選手

5区19㎞付近を快走する青木選手

春高OBの青木涼真さん(法政大2年・高68回生)が、箱根駅伝5区山登りで区間賞(区間新)、9人抜きの走りを見せました。監督の「失敗しない男」の評価そのままに、昨年の8区快走を上回る快挙に同窓会への問合せも多く寄せられています。

なお、青木さんは、中学校まではサッカー部、春日部高校から本格的に陸上競技を始め、3年生のインターハイで3000㍍障害で8位入賞。全国高校選抜陸上大会の2000㍍障害で優勝しています。また、今季3000㍍障害では関東インカレ優勝、日本インカレ4位の成績を収めています。


1月6日凱旋、部員と汗を流しました。

1月6日凱旋、部員と汗を流しました。

1月6日凱旋、部員と汗を流しました。

◆プロフィール:
久喜市出身、法政大学生命科学部応用化学科在籍

※写真提供、春高陸上部顧問安藤尚弘先生