関根達人さん(高36回卒)が浜田青陵賞を受賞しました

朝日新聞9月5日発行「ひと」に掲載

朝日新聞9月5日発行「ひと」に掲載

考古学とその関連分野の優れた研究者に贈られる第31回浜田青陵(せいりょう)賞(大阪府岸和田市、朝日新聞社主催)の受賞者に、弘前大学人文社会科学部教授の関根達人(たつひと)さん(52)が選ばれ、25日、発表された。授賞式と記念シンポジウムは9月23日、岸和田市立文化会館で開かれる。

関根さんは埼玉県生まれ。東北大大学院で考古学を専攻し、2001年に弘前大に着任。前近代のアイヌの歴史と文化について北海道・樺太(サハリン)・千島の広範な地域と、日本や中国、ロシアとの交流から解明を試みた。また、江戸時代の墓石や石碑に着目し、紙の文書に記されなかった歴史を明らかにするなど、考古学的な手法で新たな中近世史を構築したことが評価された。

直木賞作家北村薫(20回卒、宮本和男)さんから ご著書を寄贈していただきました

いとま申して3「小萩のかんざし」

 文藝春秋刊 北村薫(20回卒、宮本和男)

いとま申して3「小萩のかんざし」

いとま申して3「小萩のかんざし」

 

父親の残した膨大な量の日記から、さまざまな分野で主役をつとめた人々と、父親とのかかわりを記すこにより、普遍的なひとつの時代を描く絵巻になりっています。

第1巻「いとま申して 童話 の人びと」
第2巻「慶應本科と折口信夫 いとま申して2」

完結編となる3作目が、今回の「小萩のかんざし いとま申して3」となります。

続きを読む

谷口清さん(高20回卒)からご著書を寄贈していただきました

「発達臨床心理学」
ー脳・心・社会からの子どもの理解と支援ー 遠見書房  谷口 清・高20回卒

谷口清著「発達臨床心理学」

谷口清著「発達臨床心理学」

<はしがきから>
発達とその障害を脳科学の観点から解説した書籍は最近増えているが、本書の特色は脳科学に基礎を置きつつ、発達臨床の観点から子どもの内面に踏み込んで支援の在り方を考察しようとしていることにあると自負している。
続きを読む

高60回生の飛鳥馬 翼さんが、第7回ものづくり日本大賞受賞

高60回生の飛鳥馬 翼さんが勤務する株式会社熊谷組が、無人化施工技術(建設機械をラジコンのように遠隔操作する技術)でものづくり日本大賞を受賞いたしました。

1月22日(月曜日)に、首相官邸で安倍内閣総理大臣から直接表彰されました。

●国土交通省のHPに掲載されました。
http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_006072.html

●総理官邸のHPに当日の動画が掲載されております。
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201801/22monodukuri.html

●弊社のプレスリリース記事です。(記念撮影向かって右)
http://www.kumagaigumi.co.jp/news/2017/nw_180124_1.html

※ものづくり日本大賞に関して
●公式HP
http://www.monodzukuri.meti.go.jp/

●国交省プレス
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000720.html

●経産省プレス
http://www.meti.go.jp/press/2017/01/20180115001/20180115001.html