恩田和彦さん(28回卒)、石井秀和さん(40回卒)、金馬国晴さん(44回卒)からご著書を寄贈していただきました

「黎明期のコンピュータの教育利用」
恩田和彦 著 (高28回卒・前春日部市立備後小学校校長)

黎明期のコンピュータの教育利用

黎明期のコンピュータの教育利用

ー学校にコンピュータがやってきた頃ー
<あとがきから>タブレットの普及、プログラミング教育の実践など、学校の情報化は新たな局面をむかえている。
学校にコンピュータがやってきた頃、コンピュータを積極的に活用しようと考えたのはなぜだろう。
まず第1に、コンピュータを授業に導入することで、それまでと違った授業ができるのではないか、という新しい授業への挑戦であった。(中略)
子ども達が、自身の課題の解決に向って、コンピュータを操り、プログラミンを楽しむ、そんな授業がもうすぐそこに来ている。そして、子どもたちが成功感を十分感じることのできる、そんな授業であふれることを信じて、コンピュータをシャットダウンすることにする。

 

続きを読む

春高第1回卒 村山吉廣先生による「教養文化講演会」のご案内

春高第1回生、早稲田大学名誉教授の村山吉廣先生による「教養文化講演会」が春日部高校音楽ホールで行なわれます。

村山吉廣「教養文化講演会」案内

村山吉廣「教養文化講演会」案内

講演 [ 楊貴妃 ー光と影ー ]

世界でも稀に見る大帝国を築き上げた中国の唐朝(7世紀~10世紀初め)は、日本では遣唐使の派遣などで良く知られている。

唐朝最盛期の第6代皇帝玄宗の妃、楊貴妃の栄華と悲劇の生涯について、中国古典学の第一人者、村山吉廣先生にその真実の姿をお話しいただきます

 
日時 平成31年1月19日(土) 開場13時30分 開演14時
会場 春日部高校音楽ホール(センテニアルホール)
〒344-0061 春日部市粕壁5539
会費 入場無料
主催・後援 主催:松実高等学園 主管:一般社団法人ISM教育総合研究所
後援:毎日新聞さいたま支局、朝日新聞さいたま総局、読売新聞
さいたま支局、春日部高校同窓会、春日部市・越谷市・久喜市
杉戸町各教育委員会
問合せ先 連絡は同窓会事務局長(戸井田 哲)まで
電話番号:048-760-1627
FAX番号:048-760-1628
E-mail:info@kasuko-dosokai.jp

片桐仁さん(高44回卒)が10月15日(月)、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」にゲストとして出演します

[ 寄稿者:同窓会事務局長 戸井田哲 ]

「縄文アートSP!片桐仁と新潟県津南町ぶっつけ本番旅」

春高祭講演時のスナップ

春高祭講演時のスナップ

放送は10月15日(月)
午後7時30分から8時45分まで

詳細は、NHKホームページをご覧ください。


関根達人さん(高36回卒)が浜田青陵賞を受賞しました

朝日新聞9月5日発行「ひと」に掲載

朝日新聞9月5日発行「ひと」に掲載

考古学とその関連分野の優れた研究者に贈られる第31回浜田青陵(せいりょう)賞(大阪府岸和田市、朝日新聞社主催)の受賞者に、弘前大学人文社会科学部教授の関根達人(たつひと)さん(52)が選ばれ、25日、発表された。授賞式と記念シンポジウムは9月23日、岸和田市立文化会館で開かれる。

関根さんは埼玉県生まれ。東北大大学院で考古学を専攻し、2001年に弘前大に着任。前近代のアイヌの歴史と文化について北海道・樺太(サハリン)・千島の広範な地域と、日本や中国、ロシアとの交流から解明を試みた。また、江戸時代の墓石や石碑に着目し、紙の文書に記されなかった歴史を明らかにするなど、考古学的な手法で新たな中近世史を構築したことが評価された。