春日部高校創立120周年記念事業「大人の春高祭」が盛大に行なわれました!

[ 寄稿者:戸井田 哲(事務局次長)]

大人の春高祭

晩秋の11月17日(日)、春日部高校において「大人の春高祭」が盛大に行なわれました。当日は天候にも恵まれ、最年長86歳から最年少19歳の卒業生約700名が、それぞれの企画事業に積極的に参加しました。

受付風景


あの授業をもう一度 (10:00〜12:00)

10時からの「あの授業をもう一度」では、11人の先生方が現役当時さながらの授業を再現してくださいました。どの授業も大変活発で楽しい雰囲気が感じられ、教室からの笑い声と拍手が廊下にまで響き渡り、満足感いっぱいの様子でした。授業を受けた感想では、「感動した」、「教え方が上手い」、「板書が綺麗だ」、「高校生当時を思い出し涙が出てきた」、「春高には良い先生がいる」、「もう一度同じ企画を考えてもらいたい」等、好意的なご意見をいただきました。


学食OPEN (10:50〜13:30)

また、今回、「大人の春高祭」のために臨時で営業した学生食堂も大人気で、用意したご飯メニューは途中で無くなり、うどん・そばの麺類を合わせ、約470食が完売となりました。


トークイベント 春高を語る (13:30〜14:30)

午後1時から音楽ホールで行なわれたトークイベント「春高を語る」では、始めに、金融庁監督局審議官の伊藤豊さん(高34回)から、テーマ「これからの春高の役割」と題し、春高で学んだことをこれからの世界情勢の中でどのように生かしていくのか等、格調ある基調講演がありました。これを受け、座談会では司会者の青島健太さん(高29回)が巧みなリードで、出演者の個性を上手く引き出し、最後には会場全体が一体化し、春高への思いが高まっていくのを肌で感じる事ができました。


音楽は世代を超えて 荘厳なる吹奏楽&合唱の響き (15:00〜16:30)

3時からの「荘厳なる吹奏楽&合唱の響き」では、音楽部OB部員による合唱、現役吹奏楽部の演奏に続き、立原勇さん(高33回)をリーダーとするメランジェ合奏団が素晴らしいステージを作ってくれました。最後は春高創立の1899年に作曲された名曲「フィンランディア」を音楽部、吹奏楽部、メランジュ合奏団全員の演奏で盛り上げました。そして、フィナーレはその演奏形態をそのままに、全員が立ち上がって感動的な校歌斉唱となりました。



ライブ!~春高フェス120~ (15:00〜16:30)

同時刻に行なわれた「ライブ!~春高フェス120~」では、始めに現役の高校生バンド2グループ、Empty L!feとLAGUNSが演奏、続いて、錢場正人さん(高24回)をリーダーとする親父バンドLover Soul (ラバーソウル)が得意のビートルズナンバーを披露。最後に、糸賀徹さん(高38回)率いるプロロックバンド、Les VIEW (レヴュー) が登場し、視聴覚室は興奮の坩堝となりました。


美術・書道OBグループ展、広重-名所江戸百景-今昔企画展

音楽ホールのホワイエで行なわれた「美術・書道OBグループ展」及び、会議室に展示した、大野光政さん(高11回)所有の「広重-名所江戸百景-今昔企画展」にも多くの鑑賞者がありました。


春高創立120周年記念キーホルダー

一方、関西春高会支部長の堤裕司さん (高27回)から、春高創立120周年記念のオリジナルキーホルダー(不死身の銀杏の根本の土が入っている)をご寄贈いただきました。当日は、このキーホルダーを求めて来られた方に「大河滔々奨学基金」への協力をお願いし、総額247,384円のご寄付をいただきました。改めてお礼申し上げます。


大懇親会 (17:00〜18:30)

5時、食堂で行なわれた「大懇親会」にも多くの方々にご参加いただきました。ビッフェ方式、ノンアルコールでの会でありましたが、和やかで楽しい宴となりました。最後の校歌斉唱は、元応援団長の熊澤匠さん (高48回)指揮、メランジュ合奏団伴奏による大合唱となりました。その声は八木崎の大地を揺るがし、参加者に大きな感動を与えました。

2年前に発足した「創立120周年記念事業プロジェクト委員会」の尾﨑行隆実行委員長 (高22回卒)の下、諸事業を企画・展開してまいりましたが、ここに一応の成果を残すことができました。


大河滔々奨学基金と校内ギャラリー化計画

さらに、継続的な事業である「大河滔々奨学基金」と「校内ギャラリー化計画」も順調にスタートをきることができました。これからも同窓会は卒業生の親睦を図るとともに、学校の教育活動を支援して参りたいと思っています。


準備・スタッフ・リハーサル

この日のために、2年4ヶ月もの長期に渡って準備されてきたプロジェクト委員の皆さん、そして当日早朝からお手伝いいただいた有志の皆さん、たいへんお疲れさまでした。おかげさまをお持ちまして、大変に素晴らしい「大人の春高祭」を開催できましたね。本当にありがとうございました。


銀座とシンガポールの空に校歌が響く!! ~第26回東京春高会開催報告~

[ 寄稿者:東京春高会広報担当 赤川 和大 氏(高48回) ]

11月9日(土)銀座の「クルーズクルーズ THE GINZA」にて第26回東京春高会が開催されました。

今回はインターネットを介してシンガポール在住の同窓生3名と高2回から高63回卒まで49名の計52名が集まり、校歌を熱唱しました!

同窓生によるビジネス交流を主眼としている会らしく、乾杯の後は会場のあちこちで名刺交換と歓談の輪ができました。今回は14名の方が初めて参加してくださり、お一人おひとりにじっくりと自己紹介をしていただきました。

続きを読む

青島健太氏が思いを語った春日部・春高会総会

今回ご参加の皆様

今回ご参加の皆様

令和元年10月27日(日)、春日部駅東口「ヤマヤ」において、令和元年度春日部・春高会総会が開催されました。当日は、高校9回卒から高校56回卒まで22名の方々が参加し、日向英実同窓会長始めご来賓6名をお迎えし、総勢28名が懇親を深めました。


冒頭、総会の前に、スポーツライターとして多くのメディアで活躍されている青島健太さん(高29回卒)から記念講演をいただきました。

講演は始めに「先の埼玉県知事選挙では皆様の期待に応えられず申し訳ない気持ちですが、今はまた新しい目標に向かって歩んでいます。このような機会をいただき、まずは感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」とのご挨拶から始まりました。その後、当初は医学の道を期待されていたので、春高野球部には両親に内緒で入ったこと、東芝に入社した時に「横浜元気研究所」を立ち上げて「声出し」を通じて元気を伝えるリーダーになったことなどをお話しいただきました。特に「声を出すことは、それぞれの立場の人がそれぞれのTPOに応じてプロフェッショナリズムを見せる大事なことである」ということや、「春高は校歌を歌うことを始め全員が大声を出すことを身に着けてから卒業をするので、若い時に社会性を高めることになり、組織のリーダーとなることにつながっている」ということが印象に残る講演となりました。

その後の総会では各議案とも承認をいただき、ご来賓の日向同窓会長からご挨拶とともに、11月に行われる創立120周年記念事業についてご紹介をいただきました。

乾杯

乾杯

その後の懇親会は、同窓会事務局長で当会の会員でもある竹村義人さん(高26回卒)の乾杯で始まり、安孫子征前会長と山田将也さん(高36回卒)からそれぞれ差し入れていただいた銘酒を囲みながら話の輪を咲かせました。

ご来賓の岡村信行さん(高10回卒)のご挨拶にありましたが、当会は粕壁地区の同窓会として発足以来58年の歴史を重ねてまいりました。春日部高校120年の歴史のうち、約半分の時代を共に歩んできています。今回は高20回卒以降の方が約半数となりましたが、今後も同窓生が集う場としてつなげていきたいと考えております。

第17回美術展を開催しました~宮代春高会~

[ 寄稿者:宮代春高会広報担当 松本三千雄 氏(高13回) ]

記念写真

記念写真

宮代春高会美術クラブ(高第15回卒 掛川勝一 部長)は去る11月12日~17日宮代町立図書館展示ホールにおいて第17回美術展を開催しました。

会員10名、準会員5名、近隣春高会ゲスト3名、計18名の方々の各分野での力作49点が展示されました。

昨年に引き続き、ゲストとして幸手の穐場 豊さん(高第6回卒)、春日部の一ノ宮 敏昭さん(高第21回卒)、桑原 清さん(高第23回卒)にも力作をご出展いただきました。

片桐 さん作品

片桐 さん作品

また、今回は俳優でもある片桐 仁(高第44回卒)さんにアート粘土作品2点(鯉phone、ペットボ土偶)を特別出展いただきました。宮代出身であり、有名人でもありますので大勢の方が見入っていました。 続きを読む