「創立120周年記念キーホルダー」無料配布のお知らせ

春高創立120周年記念事業 プロジェクト委員長 尾﨑 行隆

1953年3月、春日部高校は火災に襲われ、初代校舎を含めほとんどの建物が焼失してしまいました。そんな中、旧正門のそばにあった銀杏樹だけが、半面を焼失したのも関わらず奇跡的に生き残り、66年経った今でも芽吹きを繰り返しています。「不死身の銀杏」と呼ばれる所以です。その下の土を入れたキーホルダーを、27回生の堤裕司さん(関西春高会代表)が作ってくれました。数量500個限定で先着順となりますが、食堂の入り口で無料配布します。120周年の記念としてお持ち帰りください。

「大人の春高祭」の特設サイト

「創立120周年記念キーホルダー」無料配布のお知らせはこちら

「あの授業をもう一度」受講授業の決定

注目

春高創立120周年記念事業 プロジェクト委員長 尾﨑 行隆

たくさんのご応募、有難うございました。残念ながら芦田川先生がご病気で欠講となりましたので、下記リンク先のとおりの割振りとなります。一般教室では1教室40名以内という制約から、必ずしも第一希望に沿うことはできませんでしたが、ご了承ください。また、当日は総合受付で受講票を配布しますが、事前に下記リンク先に軽掲載の割振表でご確認ください。

「大人の春高祭」の特設サイト

「『あの授業をもう一度』受講授業の決定」ニュースはこちら