春高ヨーロッパ倶楽部第2回ロンドン飲み会が開催されました

[ 寄稿者:春高ヨーロッパ倶楽部 加藤 晃 氏(高34回) ]

第1回の反省から、この証拠写真の為にパブで開催しました。

第1回の反省から、この証拠写真の為にパブで開催しました。

2017年4月7日(金)にイギリスのロンドン市内に於いて、41回岩上さん・42回福井さんの日本帰国送別会を兼ねた、春高ヨーロッパ倶楽部第2回ロンドン飲み会を開催しました。。急な開催でしたが主賓2名のほか、40回堀内さん、56回岩森さん、57回田村さんが集まり、現在ロンドン在住が確認されている5名全員が集まりました。さすが春高を愛する気持ちの表れです。

前回第1回ロンドン飲み会の場所が、東京新橋となんら変わらない和食の居酒屋だったため、撮った写真が全くイギリスらしくなく、本当にロンドンで集まっているのか?という疑念を抱き兼ねないため、今回は、まずはロンドン名物のパブに行きました。パブは、パブリックハウスの略だそうです。昔は街のパブが、住民の交流や情報収集の場だったのです。今でもロンドンは特に金曜日になると、イギリス人は昼からパブで1パイントのビールを片手に持って、店の外で夕方まで延々と喋っています。そんなロンドンの風景ですが、我々は、本当にロンドンで集まっているという証拠写真?を撮り、パブの1杯目で早くも酔いながら近くの和食屋に移動し、春高魂について語り合いました。(しかし、その証拠写真を見ても、お店が新しく、次回は300年くらいたった、趣のあるパブでの開催が望まれます。)

今回2名が帰国することで、一気にロンドンのメンバーは4割減となってしまいますが、今後もヨーロッパに赴任中の方・在住の方からのご連絡をお待ちしております。また、日本の各支部におかれましても、会員の方がヨーロッパに引っ越される場合には、情報の提供をお願いいたします。

また、日本から来られる方で、サポートが必要な場合には遠慮なくご連絡ください。

尚、帰国する2名は、今から日本での野球応援に思いを馳せて、引っ越しなど帰国準備に追われています。日本の同窓会支部の皆様、帰国後もよろしくお願いいたします。