平成27年度春日部・春高会総会で、東武鉄道(株)計画管理部部長にご講演いただきました

[ 寄稿者:春日部春・春高会広報担当 浜島 孝宏 氏(高41回) ]

ご参加の皆様

ご参加の皆様

平成27年10月25日(日)午後2時から、春日部駅西口「やまや新館」において、平成27年度春日部・春高会総会が開催されました。当日は、高校2回卒から高校56回卒まで32名の方々が参加し、懇親を深めました。(ご来賓以外の参加者に旧制中学の卒業者がいらっしゃらなかったのは、なんと初めてです。)


東武鉄道(株)浜田晋一様のご講演

東武鉄道(株)浜田晋一様のご講演

冒頭、総会の前に、記念講演として、東武鉄道(株)鉄道事業本部計画管理部部長の浜田晋一様(高34回卒)から「春日部市と東武鉄道」と題して、東武鉄道の鉄道事業について、近い将来の計画も含めてのお話がありました。春高生の多くの皆さん方が通学で使われた、東武アーバンパークライン(東武野田線)ですが、なんと来春には急行運転が始まるのです。また、将来的には、日光鬼怒川地区の活性化のため、蒸気機関車の復活を目指しているそうです。いずれも期待が持たれる大変貴重なお話でした。


その後は、総会に入り、すべての議事について無事承認いただきました。
総会終了後には、高橋徹副会長(高6回卒)の乾杯の音頭でにぎやかな懇親会となり、これまでで一番若い高56回の会員も一緒になって、楽しい宴となりました。安孫子征会長(高13回卒)からはプレミア焼酎「森伊蔵」が、また山田将也さん(高36回卒)からは山形の銘酒「秀鳳」の差し入れがあり、またたく間に空瓶になったことは言うまでもありません。ごちそうさまでした。懇親会の最後は、小澤正男さん(高11回卒)のリードにより全員で校歌を三番まで歌い、お開きとなりました。


次は、新年会を兼ねた役員懇親会を2月に開催する予定です。自称「鹿児島親善大使」の安孫子会長による西郷さんのお話の「つづき」もありますので、ぜひ、たくさんの会員の皆さんのご参加をお待ちしております。