放送記者

1990年卒業   高42回

やじま ひろき 矢嶌 浩紀

住所 東京都新宿区

春高に行って良かったこと

質実剛健といわれる校風のもと、バンカラで自由で男ばかりのむさ苦しい生活でしたが、今思えばこんなにストイックで特異な3年間はありませんでした。青臭さや純粋さを残した、大学や社会で出会う友人とは違った面をさらけ出せたのが、魅力ではないでしょうか。部活であれクラスであれ、そこで出会った友人と恩師、そして過ごした時間は、一生の財産となっています。「雑草のような強さ」も高校時代に育まれたものと思います。春高祭、マラソン大会、土足でストーブのない教室、すべてが懐かしい青春の思い出です。社会人になっても、根本的にはイマイチ青臭さと真面目さが抜けきれないのも春高OBらしいですね。私自身は、完全燃焼しつくした高校生活とは言えませんでしたが、そこでの様々な出会いは貴重な財産となっています。

自己紹介

高校卒業後、慶應義塾大学に入学。法学部政治学科4年次にアメリカ・ウィスコンシン大学マジソン校に交換留学。高校時代は、英語が好きで、いつか外国を見てみたい、と思っていました。色んな人に会え、豊かな人生を送れる、そしてよりよい社会を作る一翼をも担えるのではないかという「淡い青臭さ」から報道の仕事を選びました。地方勤務を経て、会社の派遣で韓国・延世大学に1年語学留学後、ソウル特派員を経て今は国際ニュースのデスクをしています。いまマスコミは活字離れ、テレビ離れだけでなくネットとの融合が進み、SNSの発達で誰もが情報を発信できるようになり大きな変革期を迎えています。誰もが情報を幅広く発信でき、メディアは追随しているのです。そんな中であえてこの仕事を選びたいという志を持った方、歓迎します。また、そんな報道にご意見のある方、拝聴します。