ビジネスマン

会社役員

1992年卒業   高44回

おかべ けんじ 岡部 憲士

住所 東京都新宿区

春高に行って良かったこと

やはり男子校だったというのは最高によかった事。とにかく男同士で語り、はしゃぎ、苦悩し、突っ走った高校時代でした。普段は女子の目がないので、みんな素の自分でいられたと思います。春高祭では年に一度やってくる女子高生に、いかにお近づきになるかにすべてをかけていました。しかしクライマックスの春高ジェンカになると女子高生そっちのけで踊り叫び狂うという校風が大好きでした。その頃の仲間は今でも大切な仲間です。進学校であるが故の自由さもあり、学生である自由と自由の対価としてある責任とを感じながら過ごした高校時代でした。先生方もそんな男子校生徒にたいする理解が深く、自由と責任という感覚を高校生ながら体得できたと思います。息子にもぜひ男子校に行ってほしいと思っています。

自己紹介

早稲田大学卒業後、国際見本市の主催会社(海外ではエグジビション オーガナイザーといいます)に入社。入社以来、様々な見本市を立ち上げ、責任者として立ち上げた見本市は49本。その産業分野も様々で、ファッションやアイウエア、化粧品、雑貨から半導体、新エネルギー、バイオ、次世代照明など。すべて自分たちが発案し、世界中に働きかけ、巨大な見本市をまさにゼロから創り上げるというビジネスを心から楽しんでいます。