学生

大学院生

2013年卒業   高65回

やました たくや 山下 拓也 吹奏楽部OB

住所 東京都目黒区

春高に行って良かったこと

春日部高校では、部活動と勉強を両立することの難しさを学びました。この2つの活動を両立することは決して容易ではありませんでしたが、得られた財産は大学、及び大学院生活で非常に役立っています。具体的には、「予定を立てて行動する」という行動の過程にあります。日々の生活において、予定を立てて行動しその結果に基づいてフィードバックを行い次に活かすというプロセスは部活動においても学業においても極めて重要な過程であったと大学進学後も気付かされました。そのような習慣を自然に身につけさせてくれた春日部高校の恩師である先生方に深く感謝致します。今後も春高で学んだ高い志を胸に世界で活躍できるような人間になれるように日々精進したいと思います。

自己紹介

埼玉県白岡市出身。春日部高校を卒業後、東京工業大学工学部第3類へ進学。大学卒業後は 東京工業大学大学院物質理工学院応用化学系応用化学コース修士課程に進学。電気化学・触媒化学を専攻として研究活動を行なっています。高校時代は吹奏楽部に所属しており。大学では高校の部活動の経験を活かしてラテンジャズビックバンドサークルに所属し、音楽活動にも勤しみました。大学・大学院での研究活動及びサークル活動内容はを下記のHPで取り上げていただきました。併せてご覧いただければと思います。
大学院研究室HP
ビックバンドサークル全国大会上位入賞
東工大生のイメージとリアル